お酒の嗜み

Sandeman White Porto

Sandeman White Porto

ワイナリー:サンデマン

産地:ポルトガル/ポルト・ドウロ地方

度数:19.5度

インポーター:サントリーワインインターナショナル

白ブドウを原料としたのがホワイトポートです。

基本的には黒ブドウを原料としたレッドポートの方が日本ではよく見かけられます。

Port Wine

日本では三大酒精強化(フォーティファイド)ワインともいわれます。

ちなみに他の2つはシェリーとマデイラ。

ポートの製法としては、発酵途中のワインにアルコール度数77°のブランデーを加えることで、酵母による発酵を止め、糖分を残します。

この製法により、糖分と度数が高いポートワインが出来上がります。

ポルトガル北部のドウロ河上流で造られ、ポート港から出荷されることにちなんで名付けられたそうです。

今現在当たり前のように使用している原産地呼称制度。

1756年のポートワイン原産地管理法の制定がこの先駆けと言われています。

Sandeman

創業:1790年

創業者:ジョージ・サンデマン

所在地:ロンドン

イギリス王室御用達ブランド

シェリーやポートを製造しています。

19世紀末には「樽に焼き印を押す」「社名のイニシャルを登録商標にする」「自社でボトリングして自社ラベルを貼って売る」ということを始めていたそう。

トレードマークの黒い男性「ドン」は1928年に考案され、ポルトガルの学生の黒マントを羽織り、スペインのコルドバ帽を被り、赤いポートワインのグラスを持っています。

ポルトガルの黒マントといえば、コインブラ大学が有名ですね。

コルドバ帽はスペイン・アンダルシア地方の北東にあるコルドバという街由来で、一度は目にしたことがあるかと思います。

トレードマークからも、シェリーとポートのブランドとしてのアイデンティティが伺えますね。