お酒の嗜み

テキーラの種類

前回に引き続き、今回はテキーラの種類についてのお話です。

種類や分類というのはやはりその飲料の味わいや特徴の根幹になりますので、自分の好みを見つけるときやBarで注文をする時には重要な役割を果たします。

そこで今回は基本的な、テキーラのボトルを見れば書いてあるような種類についてまとめてみようと思います。

 

テキーラについてどんなお酒か知らない方は、前の記事も合わせてご覧ください。

 

テキーラの種類

アガベ・アスールの割合

まず初めに、前回の記事で触れたテキーラの規則の

原材料にアガベ・アスールをを51%以上使用する。

という部分について解説しようと思います。

 

実はこれも後ほどテキーラの製造法の部分で詳しく解説しようと思うのですが、アガベ・アスールは収穫までに最低7年程要します。これはどのお酒の原料に比べても遥かに長く、テキーラがプレミアムと言われる所以です。

そのため、アガベ・アスールの割合が高ければ高いほどコストも嵩んでしまうという現状があります。

そしてその原料であるアガベ・アスールの割合により、全てのテキーラは二つに分けられます。

 

100%アガベテキーラ

プレミアムテキーラとも言われ、名前の通りアガベ・アスールを100%原材料として使用しています。ボトルにある表記ではスペイン語で100% De Agaveの表記があります。

基本的にはこちらを強くオススメします。テキーラを罰ゲームやショット飲みしかしたことない人は、スムースでピュアな味わいに驚かされることでしょう。

 

ミクスト・テキーラ

こちらは、100%アガベ以外のテキーラが分類されます。テキーラの規則である51%~99%の割合でアガベ・アスールを原料としているテキーラです。

他の原材料としてはサトウキビなどの糖分やアガベ・アスール以外のアガベなどが使われる傾向が多いです。

原材料費がアガベ・アスールよりも安くなる傾向にあるので、スーパーなどに出回っているお手頃価格のものはこちらが多いです。

 

樽熟成度合いによる分類

テキーララムのように透明なものと琥珀色のものをどちらも見かけることがあると思います。

テキーラは樽熟成させてもさせなくても良い、楽しみ方の多いお酒なのです。

そして全てのテキーラはこの樽熟成度合いにより分類することができます。

 

基本的には樽熟成の期間が長いほうが価格も高騰していきます。

単に手間と時間がかかることもありますが、アルコール度数の高い蒸留酒は樽に入れておいても年々気化して量が減ってしまいます。

これを天使の分け前(エンジェルズシェア)といい、熟成速度や気化する速度は気温の高さに比例すると言われています。

そのため、平年気温の高いメキシコではエンジェルズシェアの速度も早く、ウィスキーやブランデーと比べると熟成期間が短く感じるかもしれません。

一説によると、メキシコでの熟成速度はスコットランドに比べて5倍ほどにもなるそうです。

ブランコ

樽による熟成が60日未満のもの。

基本的には全く樽熟成をしていないものの方が多いです。

無色透明のものが多く、色を邪魔しないのでカクテルを作る際にも重宝されます。

面白いものとしては、使用済みのワイン樽に60日未満熟成させることでうっすらピンク色をしているようなブランコもあります。

テキーラの原料であるアガベ感を感じるにはブランコが一番でしょう。

 

レポサド

休ませたと意味するレポサド。

熟成期間が60日以上1年未満のもの。

樽の風味も感じながら、まろやかになったアガベ感も楽しめるバランスの良い熟成度合いです。

 

アネホ

熟成させたという意味のアネホ。

熟成期間は1年以上3年未満

アネホまで来ると値段もそこそこになってきて、見た目の色も美しい琥珀色になります。

ウィスキーやブランデー好きにはブランコより、こちらの方が飲みやすく感じるかもしれません。

 

エクストラアネホ

3年以上熟成させたテキーラはエクストラアネホに分類されます。

熟成期間でいえば、間違いなく最高級のもので、エンジェルズシェアによる減量もかなりのものになっているはずです。

 

ゴールド

ここまで樽熟成を施すほどテキーラは値段も上がっていくと書きましたが、中にはお手頃価格で売られている色のついたテキーラも見かけることがあると思います。

これらのテキーラはゴールドと呼ばれ、樽塾生ではなくカラメルなどを添加して色をつけたもので、レポサドやアネホとは全くの別物です。

 

クリスタリーノ

未だに進化し続けているテキーラ業界、こちらも新しい区分です。

クリスタリーノはレポサド以上の樽熟成したテキーラを、フィルターで一度濾すことで無色透明にしたものがここに分類されます。

見た目だけでなく味わいや成分にも変化があります。

 

具体的にいうと、バニラのような甘い香りを持つバニリンという成分は通過するのですが、木由来の渋みであるタンニンはフィルタリングされ残りません。

レポサドアネホなのに無色で、尚且つ木のまろやかさが際立った独特な風味に仕上がるため大注目の新区分です。

 

テキーラの主要産地

次はテキーラの主要産地の違いによる種類分けを行います。

前回の記事でほとんどのテキーラはハリスコ州で造られていると触れましたが、ほとんどのテキーラはその中でもさらに二つの主要産地で造られています。

バジェス地方

英語ではローランドといい、低地を意味します。

ハリスコ州の西側の標高1200mほどの谷がこのバジェス地方です。

テキーラ造りは約250年も昔から始められていたそうです。

 

火山に囲まれているため、土壌は火山灰地質で水質が良く、繊維質の多いアガベが取れます。

アガベ以外の農作物が育たないほど土質が頑固で、長く育ててもアガベは大きくなりにくいです。

そのため、若いアガベがよく使用されます。

この若いアガベは力強い味わいを持っているため、それに合わせて樽も木の香りが強く出る新樽が使われる傾向があります。

 

このバジェス地方で造られるテキーラは伝統的なものが多く、苦味辛味が前面に押し出されます。

香りも特徴的で、口当たりも強いものが好まれています。

 

ロスアルトス地方

英語ではハイランドといい、高地を意味します。

ハリスコ州の東側標高2000mほどの高地がこのロスアルトス地方です。

ロスアルトスでは比較的新しい蒸留所が多く、テキーラ造りの歴史は90年程しかありません。

 

鉄分を多く含んだ肥沃な赤土地質で、そこで育つアガベは糖分を多く含みます。

ここでのアガベは長く育てれば10年程までは成長を続けるので、手間暇かけて作ったプレミアムテキーラなども多く生産されます。

大きく育ったアガベは糖分を多く蓄え、ミルキーな甘さを持っています。

 

また大きさに余裕があるため、辛味成分の元である皮や苦味成分の元である茎を綺麗に取り除くことで、甘味旨味強調します。

このスムースな味わいのテキーラには、一度使われてまろやかな香りになった中古樽が合わせて使用される傾向にあります。

 

 

今回は、テキーラをより楽しむための種類をまとめてみました。

お酒には製造法や収穫法など工程が多い分、造り手のこだわっている部分も多くなります。

そのため、知ろうとすればするほど難しくなっていきますが、同時に面白くもなってきます。

そのうち機会があればテキーラの製造法などもまとめてみようと思います。

Salud, (プレミアムテキーラのレポサド片手に)