お酒の嗜み

Tabernero Pisco Acholado Edicion Limitada

Tabernero Pisco Acholado Edicion Limitada

Tabernero

Tabernero.com より引用

3つのランクがあるTaberneroのピスコ

今回は2つ目のランクEdicion Limitada(リミテッド・エディション)からアチョラード

ピスコには8種類の葡萄品種を使用することが可能なのですが、アチョラードとは複数の品種をブレンドしたものです。

8種類の使用可能な品種のうち、4種類の芳香性品種(アロマティコ)と非芳香性品種(ノ・アロマティコ)に大別されます。

そんな中から今回はアロマティコのイタリア種とノン・アロマティコのケブランタ種のアチョラード

公式オススメの提供温度は16℃ですので、冬の日本だと常温で丁度良いかもしれません。

Tabernero Winery

ペルーの首都リマから200kmほど南にタベルネロワイナリーは位置しています。

1897年創業の老舗ワイナリーで、ピスコだけでなくワイン各種やサングリアなども販売しています。

夏場の気温は14℃〜30℃

冬場の気温は12℃〜18℃

冷害や雨も少ないエリアで、安定して葡萄が育ちます。

収穫期は3月で、収穫後にワインを製造後、そのワインはすぐに蒸留されます。

 

Tabernero.com より引用

ピスコに使用される蒸留器は2種類ありますが、こちらではアランビック型

ペルーで造られるピスコは全て単式蒸留加水無しということで、ダイレクトな葡萄のフレーバーが魅力の一つでもあります。

ヘッドとテールは除きつつ、40°の度数付近まで単式で調整する技術は、まさに職人技です。

蒸留後はガラス瓶にて最低3ヶ月のレポソ(休ませる)を経て完成

ちなみにピスコの原産地呼称制度では、液体に変化を与えるものでの熟成は禁止されているので、樽熟成を行うことはできません。